明治時代風のカップル

明治時代~大正時代初期位のカップル

慶応元年(江戸時代)から続く老舗の酒蔵「千代むすび」のカオパネが境港の水木しげるロードにありました。
イラストのカオパネですが、服装が明治時代から大正初期にかけて着ていたビジネスマンと女学生と思われます。
慶應義塾大学も慶応から(実際は明治4年から)開校された学校なので、それにもちなんでいるのでしょうか。
という事は100年以上も経っている酒蔵という事になります。

女学生の手の所にある顔ハメは何を意図しているのかは良くわかりませんが、
(カオパネは大体そうゆうものです。)
背景の板壁、漆喰壁との組み合わせが、すんごい昔の雰囲気を感じさせるカオパネです。

 
  • 顔ハメ数:★★★ (3人枠)
  • スケール感: (1m位)
  • レトロ感: (新しい)
  • レア度: (すぐ発見できる)
  • カオパネスタイル:ポップ
  • 場所:鳥取県境港市大正町131
明治時代~大正時代初期位のカップル 老舗の酒蔵外景

このカオパネご近所マップ

ゲゲゲの鬼太郎とビビビのネズミ男、境港

鳥取県日本、鳥取県境港市大正町 境港駅

ゲゲゲの鬼太郎

鳥取県日本、〒684-0004 鳥取県境港市大正町89

鬼太郎とねこ娘

鳥取県日本、鳥取県境港市大正町46番地 三平茶屋
関連ホームページ

明治時代風のカップル

鳥取県日本、鳥取県境港市大正町131 千代むすび酒造 岡空本店
関連ホームページ

ゲゲゲの鬼太郎とビビビのネズミ男、米子

鳥取県日本、鳥取県米子市弥生町 米子駅
ドンキホーテ浅草店の顔ハメ看板

浅草ドンキ

久しぶりに通った通りに見慣れないカオパネを発見。 ドンキホーテのパネルでした。関東一(日本一かは分からないが)...

 
千代田稲荷神社 顔ハメ看板

神主と巫女

ある意味渋谷のど真ん中「千代田稲荷神社」にそれはありました。 あらゆる欲望を飲み込んでいったホテルだらけの袋小...